ヴィヴィアンタム プロフィール

ヴィヴィアン・タムは、ニューヨークを拠点に活躍するファッション・デザイナー。中国の広東省広州市で生まれ、3歳のときに香港に渡る。子供の頃からファッションが大好きな子で、母の服飾や裁縫を見よう見まねで、8歳の頃には兄妹が新年に着るための服を自らデザインし作っていた。香港でデザインを学んだ後、自分がデザインした服を20枚ビニールの袋に詰め、1981年にニューヨークに渡る。
 1983年チャンスが訪れ、タムの中国にインスパイアされた東洋と西洋が融合したモダンなデザインが、高級デパートヘンリー・ベンデルのバイヤーに認められ、ヴィヴィアンの人気はブレークする。1990年に自身のブランド”ヴィヴィアン・タム”を立ち上げる。毛沢東や仏陀のイメージを用いたり、非常にカラフルでアジアテイストに溢れたデザインは、すぐにファンの目にとまるようなった。彼女のデザインは、東洋と西洋、モダンアートとクラシックなど、相反するものを組み合わせることで、独特な世界観をアピールしている。設立後、あっという間に有名になったブランドは、1999年には、日本の神戸に出店する。また、ヒューレット・パッカードとのコラボレーションにより、ミニノートPCをデザインしたシリーズを発売している。
 2009年2月に、芍薬の花などをデザインしたモデルを発売。翌2010年4月には、春夏コレクションのテーマであるButterfly Loversを基にデザインしたシリーズを発売する。このButterfly Loversというテーマは、中国の四大民間説話のひとつである梁山伯と祝英台に思いを寄せたものである。2012年には、中国のファッションアワードのTV番組でInternational Design Pioneer Awardに選ばれるなど中国本でも活躍している。

images.jpg

サブコンテンツ

Time Passenger

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Favorite One

このページの先頭へ